« セリバオウレン | トップページ | 春の野草:ショウジョウバカマ、セントウソウ »

2012年4月16日 (月)

春に咲く草木の花(ミスミソウ、ヒメリュウキンカ、ネコヤナギ、ミツマタ、ナツボウズ)

 暖地ではもう時期遅れになりそうな記事になってしまいました。目新しいものではありませんがメモ記事として掲載しました。

ミスミソウ(別名ユキワリソウ)(キンポウゲ科ミスミソウ属):
 写真は自然植物園で観察したものです。
落葉樹林の林床や崖などに生育する常緑多年草で、石灰岩地域に多いそうです。
 根出葉は三裂し、裂片の形が三角形で先端は鈍頭です。3~4月にかけ、地下茎から高さ10~15cmの花茎を出し、頂端に1つの花を咲かせます。
 顎片のように見えるのは茎葉であり、花弁のように見えるのが顎片であって、花弁はありません。
 花弁のように見える顎片の数は6~10と変異があり、色は白色や青・紫・赤など各種バリエーションがあってきれいです。
 花期は3~4月、分布は本州中部以西~九州。Photo

 
ヒメリュウキンカ(キンポウゲ科):
 自然植物園で観察しました。
ヨーロッパ原産。低山や湿った草原、湖沼周辺の林床などに自生します。園芸用に流通もしています。
 花期3~5月、分布は本州、九州。4r

 
ネコヤナギ(ヤナギ科ヤナギ属):
 水路端に自生しています。
高さ0.5~3mほどの落葉低木。里山や平地の水辺に広く自生しています。花芽は秋にでき、赤褐色の帽子状鱗片に包まれて越冬します。
 雌雄異株で、雄株と雌株がそれぞれ雄花と雌花を咲かせます。雄花序の雄しべには赤い葯がついていますが、熟してくると先端が割れて黄色の花粉を出します。
 雌花の花序は雄花序より小さく、白い絹毛に包まれて銀色に光ります(写真下)。熟すと黄色の雌しべがたくさんのぞき、果期には長く伸びます。
 花期は3~4月、分布は日本各地。Photo_3

 
ミツマタ(三椏)(ジンチョウゲ科):
 黄花、赤花ともに畑の傍に植えられたものです。
ミツマタは中国原産の落葉低木で、樹皮中の繊維が強靱なため、日本では江戸時代から和紙の原料に使われるようになりました。名前は、枝が3つ又に分かれているように見えるから。
 春(3~4月)、葉が出る前に黄色の球形頭状花をつけます。花弁はなく、黄色く開いているのは萼の内側です。
 萼の外側は絹毛が密生していて、蕾(ツボミ)がまだ固い頃は銀色ですが、開花が近くなると黄緑~黄色を帯びてきます。
 花が赤色の品種(園芸種)もあります。R00206371

 
ナツボウズ(別名オニシバリ)(ジンチョウゲ科):
 自然植物園で観察しました。
暖地の山地落葉樹林内に自生します。花芽(つぼみ)と葉が秋口に出てそのまま越冬し、花は春に開花し、また新しい葉も広げますが、葉は7~8月には落葉してしまうというめずらしい生活史を持っています。
 この、夏には葉をすべて落として“坊主”になる、というところから,ナツボウズの名前です。 
 また本種は樹皮が丈夫なため、鬼でも縛ることができるというのでオニシバリの名前もあります。
 雌雄異株で、3~5月、葉腋に萼筒の先が4裂した黄色の小さな花を束状につけます。花に見えるのは萼で、花弁はありません。萼筒は黄緑色です。
 雄花、雌花の区別は大きさが異なるとされますが、わかりにくいです。ジンチョウゲの仲間で、開花期には芳香が漂います。7月頃、赤い小さな実をつけますが有毒です。
 花期は3~5月、分布は本州(福島県以西)~九州。3r

|

« セリバオウレン | トップページ | 春の野草:ショウジョウバカマ、セントウソウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。