« トウゴクサバノオ | トップページ | トウダイグサ »

2012年4月 3日 (火)

アズマイチゲとキクザキイチゲ

アズマイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属):
 低地~山地の明るい林内や草地に生える多年草です。春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごす“スプリング・エフェメラル”のひとつです。
 茎に付く葉には柄があり、3枚が輪生し、3出複葉です。草丈は15~20cmになり、花弁はなく、直径2~3cmで、花弁状の萼片を持つ花を1個つけます。
 萼片は白色で8~13枚。近縁のキクザキイチゲと似ていますが、葉が浅く3葉に切れ込む特徴で区別できます。
 花期は3~5月。分布は北海道、本州、四国。P3261535

P3261535_2

Photo
 (3月下旬、自生地で撮影)

 
キクザキイチゲ (菊咲一華)( キンポウゲ科):
 低地~山地の明るい林内や草原に生える多年草です。草丈10~20 cm。花弁に見えるのは萼片で、細くたくさん(10枚前後)あります。
 白花がほとんどですが、薄い青や紫色の花もあります。葉はシュンギクに似て、長い柄と深い切れ込みがあります。根生葉は2回3出複葉で羽状深裂、茎葉は3枚が輪生します。
 よく似たアズマイチゲは葉先に丸みがあり、浅い切れ込みが3つあります。また葉は垂れ下がっているように見える違いがあります。
 花期は 3~5月。分布は北海道、本州(近畿地方以東)。R002072

R0020722
 (3月末、山野草自然植物園で撮影)

|

« トウゴクサバノオ | トップページ | トウダイグサ »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。