« ヒシバッタ(ハラヒシバッタ)(そのⅠ) | トップページ | ヒメギス(若齢幼虫) »

2012年4月25日 (水)

キリウジガガンボ

キリウジガガンボ(切蛆ガガンボ):
 日中、自宅の外構壁にくっついていました。近くで普通に見かけるガガンボです。(画像はクリックで拡大します)R0021717cc2

R0021718cc

 幼虫の頃はウジ虫を半分に切ったような姿をしていることから "キリウジ"の名前。
 成虫はこれから田んぼ地域でも時々見られるようになりますが、その幼虫は水稲の育苗箱の底から内部へ侵入して根を食害したり、また苗代期に早苗の根を食べたりする稲作の害虫です。

 よく見ると、胸からヤジロベエの足のようなものが左右に出ています。R0021723trmcc

 これは同じ双翅目仲間のハエ、カ、アブの後翅が退化したもので、平均棍(へいきんこん)という器官です。
 その機能について、以前は、飛ぶ時に物理的にバランスを取るものと考えられていましたが、最近は、その振動により角速度を検出する感覚器と考えられ、これを除去すると飛べなくなるのだそうです。(参照:Wikipedia平均棍)

キリウジガガンボ(双翅目(ハエ目)ガガンボ科):
 大きさ:体長15~18mm、翅長18~20mm、(幼虫は稲、麦の根を食害する。)成虫は花の蜜などを食べる。生息地は畑、田んぼなど。
 出現時期は3~11月、 分布は本州、四国、九州。

 
その他ガガンボ:
 キイロホソガガンボPhoto

 
 オビコシガガンボPhoto_2

|

« ヒシバッタ(ハラヒシバッタ)(そのⅠ) | トップページ | ヒメギス(若齢幼虫) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。