« キタテハ、ベニシジミ、コガタルリハムシ、チュウレンジハバチ | トップページ | キジ »

2012年4月30日 (月)

アジアイトトンボ

 夏日が続いた四月下旬、草地にイトトンボが飛んでいるのを見かけました。今シーズン初めて観察したアジアイトトンボです。近くにある、挺水植物の生えた池で羽化したものです。
 まもなくの立夏に先駆けて、初夏の気分に。

アジアイトトンボ雄:
 腹部第9節全体と10節下半分が青色です。(画像はクリックで拡大します)P4290001b_1

P4290001b_2

 
アジアイトトンボ雌:
 羽化後、しばらくの間はきれいなオレンジ色です。P4290001b_2_2

P4290001b_3

 
そして成熟すると、くすんだ緑色になります。(御用たしの最中でした。気がつきませんで失礼)P4290001b_1_2
    (写真はいずれも2012.4.29撮影)

アジアイトトンボ:
 4月中旬くらいから、いち早く水辺で姿を見せるイトトンボです。大きさは2.5~3cm。秋には10月中旬頃まで姿が見られます。
 羽化して間もない雌は、しばらくの間、あざやかなオレンジ色をしています。日が経つにつれてくすんだような緑色に変化します。
 (なお、よく似たアオモンイトトンボとは腹節の色で区別できます。) 

|

« キタテハ、ベニシジミ、コガタルリハムシ、チュウレンジハバチ | トップページ | キジ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。