« マツバウンラン | トップページ | アメリカザリガニ受難 »

2012年5月 8日 (火)

アカメガシワの赤芽

アカメガシワ( トウダイグサ科):

 アカメガシワは、空き地、荒れ地などに真っ先に現れ、生長速度が早いためすぐに大きくなる落葉高木です。(先駆(パイオニア)植物のひとつで)用水路沿いの道端などに、いつの間にかはびこっていて邪魔にされることが多いです。
 「冬芽と葉痕、維管束痕」でお世話になっていますのであまり邪険には出来ませんが・・・枝が張りだし、葉が大きく茂りはじめた農道で、通りがかりに暇つぶし。

 新芽は名前のように赤い色をしています。緑色の葉の表面に、赤色の毛(星状毛)が密生しているためです。Photo_2

 
 赤い葉の表面を爪先で引っ掻くか、2r

 
 持ち帰った葉の一部にセロテープを押しつけて剥がしてみると、Img_1492trm

 
 緑色の下地がのぞきます。Img_1508

 
 赤色の星状毛が取れるからです。Img_1500

 余談ながら、アカメガシワの冬芽は裸芽で、星状毛の防寒着を付けていて葉脈のシワがわかります。

|

« マツバウンラン | トップページ | アメリカザリガニ受難 »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。