« トウキョウダルマガエル | トップページ | ダイサギ、田んぼでカエル獲り »

2012年6月20日 (水)

ユキノシタ

 ユキノシタは、日陰~半日陰で湿り気のある地面に生える常緑の多年草で、古くから民間薬や一年中採れる山菜として親しまれてきました。
 紫紅色をおびた糸状の長い匍匐(ほふく)枝を四方に出して、地面を這いながら伸びて行き、ところどころに根を出し、そこから芽が出て、やがて独立した株になってどんどん増えていきます。
 狭い庭でも気がつくと、どこからともなく侵入した株が庭の隅に隠れるように広がって生えていて、株を引っぱると芋づる式に簡単に取れてきますので、草取りは簡単ですが、しかし取ってもとってもまたいつの間にか生えています。
 葉は円い腎臓形で長さ3~6cm、巾は3~9cmの大きさで、葉質は厚くて柔らか、表面には長毛が生えています。3r

 
 5~7月頃の開花期に、高さ20~50cmの花茎を立ち上げて上部に円錐花序をつくり、多数の花をつけますが、この時だけは存在感があります。R0024620

R0024622

 
 個々の花は特徴的な風情のある5弁花で、雄しべは10本、葯(やく)は淡桃色ですが、すぐ落ちて幅の広い花糸だけが残ります。R0024619

R0024618

 分布は本州、四国、九州。

|

« トウキョウダルマガエル | トップページ | ダイサギ、田んぼでカエル獲り »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トウキョウダルマガエル | トップページ | ダイサギ、田んぼでカエル獲り »