« オオバコ、ヘラオオバコ、ツユクサ、メダカ、ミシシッピアカミミガメ | トップページ | ノビル »

2012年6月 7日 (木)

シモツケ、シモツケマルハバチ幼虫、リンゴハマキクロバ(?)

 公園で生け垣の一部になっているシモツケが、きれいなピンクの花をつけるようになりました。Photo

 
 そばに寄ってみると案の定、いろいろな昆虫が集まっています。その中に、やはりいたのはシモツケマルハバチの幼虫です。あちこちの花に大小いろいろな幼虫がついていました。P6040904

 
 幼虫はシモツケの花を丸坊主にするまで食害します。食べ尽くすと葉も食べます。体は半透明なので、花を食べている時には、体色がレインボーカラーになり、きれいに見えます。
 たしかにイモムシにしては気持ち悪さは少なめです。なお、体表にある白い突起は、短い毛束の塊。体長は15mmほど。P6040906

 幼虫の食草はシモツケで、幼虫出現時期はつぼみから花の咲く5月の下旬から6月の中旬あたりです。
 なお成虫は全身黒いハバチですが、よく似た黒いハバチがまわりにいますのでなかなか分かりません。

 
 また別の花では、黒いガが1匹、熱心に吸蜜していました。近寄っても逃げる様子がありません。
 ブドウスカシクロバではなく、リンゴハマキクロバかウメスカシクロバのようです。
 しかし、判別するための翅脈が不鮮明なため、判然としませんが、やや大きめだったので、リンゴハマキクロバと推測しました。P6040884

P6040890

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ps:
 当地では、先の(6/4)部分月食、そして昨日(6/6)の金星の太陽面通過天体ショーの舞台は、両日とも、分厚い雲の暗幕が降りたまま開く気配もなく、全く観察できませんでした。テレビ放送で満足です。(天気予報の通りでした。)

|

« オオバコ、ヘラオオバコ、ツユクサ、メダカ、ミシシッピアカミミガメ | トップページ | ノビル »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオバコ、ヘラオオバコ、ツユクサ、メダカ、ミシシッピアカミミガメ | トップページ | ノビル »