« ノアサガオ | トップページ | ヌートリア »

2012年6月16日 (土)

ドウガネサルハムシ②

ドウガネサルハムシ(ハムシ科):
 すでに、ドウガネサルハムシではないか、として記事にしていますが、今度は、遊歩道脇に伸びた雑草に、大きさ4mmほどで、メタリックな銅金色に光っている甲虫がいるのに気がつきました。
 触るとポロリと落ちるのを受け止めて、ご迷惑とは思いましたが、しばし写真撮影におつきあいしてもらいました。
 背面に密な点刻があり、きれいな光沢があることなど、ほぼ間違いなくドウガネサルハムシと確認できてから、さよならしましたので、あらためてお披露目を。5r

Blg20125264r

Blg20125265r

 
 (写真はクリックで拡大表示します)Img_1742

 本種は、体長3.5~4㎜で、背面には光沢があり、多数の点刻があります。前胸背板は中央で最も幅広くなっています。体色は銅金色、赤銅色、青緑色など変異があります。
 食草はノブドウ、エビヅル、ヤブガラシなどブドウ科植物。分布は本州、四国、九州。

|

« ノアサガオ | トップページ | ヌートリア »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノアサガオ | トップページ | ヌートリア »