« コメツキムシの仲間、梅雨時の花 | トップページ | ヒメイトカメムシ② »

2012年6月12日 (火)

ヒメマルカツオブシムシ

 ヒメマルカツオブシムシは、どこにでも普通に見られるカツオブシムシ科の小さな昆虫です。
 花にもよく飛んできます。5~6月、庭のカラーやバラの開花期になると、花粉や蜜を求めてどこからともなくやってきて、,カラーの白い苞と黄色の肉穂の隙間に潜んでいたり、バラの花弁のまわりをうろついているのを目撃します。1p5310753

P5240596

 
 成虫は厚みがある丸っこい体型で、大きさは約3mmです。2img_1866

 
 見つけしだい、飛んで逃げられないよう、殺虫剤スプレーで駆除していますが、この時期しばらくは要注意です。3r0023379

4img_1902

 合成繊維の衣類が多くなってからあまり気にしなくなりましたが、昔はウールや絹などの天然繊維衣類保存中、ナフタリンなど防虫剤を入れ忘れたり、なくなったりしていたスーツやセーターなどに孔を開けられて悔しい思いをしたことがあります。その加害犯がヒメマルカツオブシムシの幼虫なのです。
 幼虫は一冬の間、羊毛や絹、毛皮などの衣料品類、また鰹節などの乾物食品なども食害して成長します。
 成虫は無害ですが、よく飛び、また産卵する危険性がありますから、室内に侵入されないように注意して駆除することが必要です。

|

« コメツキムシの仲間、梅雨時の花 | トップページ | ヒメイトカメムシ② »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コメツキムシの仲間、梅雨時の花 | トップページ | ヒメイトカメムシ② »