« アカスジキンカメムシ(1) | トップページ | トックリバチ(ミカドトックリバチ)誕生 »

2012年7月17日 (火)

アカスジキンカメムシ(2)

 普通のカメムシの背は、三角形の小楯板と、左右の前翅がはっきり分かれて見えますが、アカスジキンカメムシの背は、小楯板で亀の甲のようにすっぽり覆われていて、前翅は付け根からその先の革質部がわずかにのぞいていますが、続く膜質の大部分は小楯板の下に隠れています。
 この確認のため、迷惑だったと思うのですが、しばし撮影に協力してもらってから、お別れしました。

1)あらためて全体の様子を。
 背中は亀の甲のように大きな小楯板ですっぽり覆われています。R0024242

 
2)前翅の付け根から少し先さきまでの革質部分が、”亀の甲”から少しだけはみ出して見えていますが、膜質など主要部分は隠れています。R0024580trmcc

 
3)ほんの一瞬、飛び立つ準備をするかのように、”亀の甲”の両脇から前翅が(後翅も)、ぱっと繰り出されましたが、飛び立つことはなく、元のように、小楯板の下に納められてしまいました。
 ”こうなっているぞ”、と教えてくれたのでしょうか。R0024357trmcc

 
4)お尻から。
 たたみ込まれた前翅膜質の黒い先端部が”亀の甲”からわずかにのぞいて見えます。
R0024510

 
5)最後に、透明プラスチック板に這ってもらって、裏返しにして腹側から1枚。R0024157

 この後、元気よく飛び立っていきました。なお、直接手で触ったりしていませんから、臭いにおいを放つカメムシかどうか体験していません。

|

« アカスジキンカメムシ(1) | トップページ | トックリバチ(ミカドトックリバチ)誕生 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカスジキンカメムシ(1) | トップページ | トックリバチ(ミカドトックリバチ)誕生 »