« モモスズメ、ウンモンスズメ、ヨツボシノメイガ、ヒトツメカギバ、ツマトビキエダシャク | トップページ | フクラスズメ、ヒメトガリノメイガ、シロマダラノメイガ、マエキオエダシャク、アヤナミノメイガ »

2012年7月21日 (土)

クロテンシロヒメシャク×、マエアカスカシノメイガ、コベニスジヒメシャク、カノコガ、ウメエダシャク、オオスカシバ、ホソバセダカモクメ幼虫

 夏、ご近所で日中、出歩いていたり、葉裏に貼り付いていたりしたガの仲間です(幼虫も)。

クロテンシロヒメシャク (シャクガ科):前翅翅頂付近にある黒点が確認できないので、間違いでした。不明のガです。
 ツツジの植え込みで蜘蛛の巣にかかり追い回されたすえ、何とか逃げ切りました。大きさ(開張)およそ20mm。
 成虫出現時期は5-6、7-9月、分布は日本各地。 Blg201265

 
●マエアカスカシノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科):(写真上)
 庭木に止まっていました。大きさ(開張)29~31mm、翅が白く透け、前縁部が赤褐色のメイガです。
 成虫出現時期は4~9月、分布は日本各地。
 幼虫はネズミモチ、イボタノキ等につきます。 
●コベニスジヒメシャク(シャクガ科):(写真下)
 植栽から飛びだしてきました。大きさ(開張)19~25mm、成虫出現時期は6~9月、分布は日本各地。Photo

 
●カノコガ(カノコガ科):(写真上2枚)
 あぜ道のノゲシに止まっていました。大きさ (開張)約35mm。草原で普通に見かける昼行性のガです。日中に活動していろいろな花で吸蜜します。
 出現時期は6~9月、分布は日本各地。
 幼虫は、シロツメクサ、スギナ、ギシギシ、タンポポなどを食べています。
●ウメエダシャク(シャクガ科):(写真下)
 日中、生け垣のまわりをヒラヒラ飛んでいました。大きさ(開張)35~45mmほど。おもにウメの木で発生するシャクガの仲間。
 昼行性でひらひらと木のまわりを飛びます。
 成虫出現時期は6~7月、分布は日本各地。
 幼虫はウメのほかモモ、サクラ、ニシキギ、スイカズラ、エゴノキなどを食べます。2

 
●オオスカシバ(スズメガ科ホウジャク亜科):
 大きさ(開張)50~70mm 。草地に開いた花の周辺を飛び回っていました。うぐいす色の太い胴体を持ち、透明の翅を素早くはばたかせて直線的に飛ぶスズメガの仲間。
 昼間に活発に活動し、ホバリングしながら 忙しく動き回ります。
 出現時期時6~9月、分布は本州、四国、九州。R002494872

 
●ホソバセダカモクメ(細羽背高木目)(ヤガ科)幼虫:
 あぜ道に生えた食草のノゲシを食べていた中齢の幼虫です。体長40mmほど。
食草はハルノノゲシ、アキノノゲシなどキク科の雑草。畑でレタス、サニーレタス(キク科)などを食い荒らすこともあるそうです。
 幼虫出現時期は年2 回(5~6月、9月頃)。R0023953

|

« モモスズメ、ウンモンスズメ、ヨツボシノメイガ、ヒトツメカギバ、ツマトビキエダシャク | トップページ | フクラスズメ、ヒメトガリノメイガ、シロマダラノメイガ、マエキオエダシャク、アヤナミノメイガ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モモスズメ、ウンモンスズメ、ヨツボシノメイガ、ヒトツメカギバ、ツマトビキエダシャク | トップページ | フクラスズメ、ヒメトガリノメイガ、シロマダラノメイガ、マエキオエダシャク、アヤナミノメイガ »