« フキバッタ、クルマバッタ幼虫、ヤブキリ、キリギリス | トップページ | オオモノサシトンボ(未成熟♀) »

2012年7月30日 (月)

ゲジの抜け殻

ゲジ(ゲジ科)抜け殻:
 樹幹の根元近くにゲジの抜け殻がくっついていました。日本には中型のゲジと大型のオオゲジの2種類がいるそうです。
 この抜け殻はどちらか分かりませんが大型のゲジ(オオゲジ)のものでしょうか。R0025896trmcc

R0025898

R0025899

R0025901

 一部の歩肢が欠損していますが多分15対あったようで、最終齢の脱皮殻かと思います。さぞかし脱ぎにくいことでしょうね。
 ゲジは夜行性で、昼間は庭の石の下や草むら、床下などに生息しています。
肉食性で、昆虫やクモを捕らえて食べていますが、生きた餌しか食べないので、動きは非常に敏捷です
 中型のゲジは大きさ(体長)24~32mm。歩肢の数は15対で、孵化した直後の1齢幼虫には4対の歩肢があり、脱皮毎に胴節と歩肢が増え(増節変態)10回~11回の脱皮で、2年くらいかかって成虫になるそうです。成虫の寿命は6年ほどという。
 なお、“ゲジゲジ”というのはゲジの俗称です。

|

« フキバッタ、クルマバッタ幼虫、ヤブキリ、キリギリス | トップページ | オオモノサシトンボ(未成熟♀) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フキバッタ、クルマバッタ幼虫、ヤブキリ、キリギリス | トップページ | オオモノサシトンボ(未成熟♀) »