« ヨコヅナサシガメ | トップページ | アカスジキンカメムシ(2) »

2012年7月16日 (月)

アカスジキンカメムシ(1)

アカスジキンカメムシ(キンカメムシ科):

 クヌギ林の林縁遊歩道で見かけたものです。体長17~20mmで、光沢のある金緑色に輝き、淡橙紅色の帯紋がある大変美しいカメムシの一つです。(ツノアオカメムシもきれいです)(画像はクリックで拡大します)1

2r

4

5

 コナラ、フジ、ハゼノキ、アオキ等の樹がある林地周辺でよく見られ、それらの樹皮や葉、また果実等を吸汁しています。

 
 なお、幼虫は成虫とは別種のように見える金属光沢ある暗褐色で、白色の帯模様がある姿をしています。5齢幼虫で越冬し、翌春に羽化します。
5_2

 (成虫)出現時期は6~8月、分布は 本州、四国、九州 。

                 次ページに続く

|

« ヨコヅナサシガメ | トップページ | アカスジキンカメムシ(2) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨコヅナサシガメ | トップページ | アカスジキンカメムシ(2) »