« 8月の”ひるがの湿原植物園”の植物 | トップページ | 夏の姫川源流/親海湿原に咲く花 ①アギナシ、オオバセンキュウ、オオハナウド、オタカラコウ »

2012年8月25日 (土)

キイトトンボ、クロイトトンボ、アカトンボ

 ひるがの湿原植物園の、水生植物が茂る池や水路周辺にはたくさんのトンボが飛んでいました。目立ったのはたくさんいたキイトトンボでした。Photo

 
●キイトトンボ(イトトンボ科):
 園内の睡蓮やヒツジグサの繁茂した池に特にたくさん、また園内の水路付近にも飛んでいました。
 他のイトトンボに較べて腹部がやや太めで、鮮やかな黄色がとても目立ちました。大きさは40mmほど。
 ♂の腹部は鮮やかな黄色で、腹節7~10節の上部に黒い斑があります。♀は腹部が黄色い黄色型と、黄緑色の強い緑色型がいます。今回見かけた♀は緑色型でした。
 本種はおもに平地や丘陵地の挺水植物がよく繁茂した池沼や湿地に生息しています。
 出現時期は5~10月、分布は本州、四国、九州。Blgp8163619cctrm

3r

 
●クロイトトンボ(イトトンボ科):
 体色が黒っぽくて、胸部側面と腹部の先が青い、大きさ33mmほどのイトトンボ。成熟した♂は胸の横が粉をふいたように白くなっています。♀は緑色の強いものと青みの強い固体がいます。
 おもに平地や丘陵地の挺水植物がよく繁茂した池沼や湿地で普通に見られます。
 出現時期は、4~11月頃まで長期間です。分布は日本各地。Photo_2

 
●アカトンボ:
 少し小さめのアカトンボ。この写真では(白い)顔が写っていないので判然としませんが、湿地性のトンボ、「ヒメアカネ」のように見えます。
 アカトンボは豊かな季節感のシンボル。Photo_3

 他にも大形のオニヤンマなどが飛んでいましたが、写真は撮れませんでした。

|

« 8月の”ひるがの湿原植物園”の植物 | トップページ | 夏の姫川源流/親海湿原に咲く花 ①アギナシ、オオバセンキュウ、オオハナウド、オタカラコウ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。