« 夏の姫川源流/親海湿原に咲く花 ③ツリフネソウ、キツリフネ、ドクゼリ、ノブキ、バイカモ | トップページ | 夏の姫川源流/親海湿原の昆虫 ①アカハナカミキリ、ウラギンシジミ、エゾイトトンボ、ノシメトンボ »

2012年8月29日 (水)

夏の姫川源流/親海湿原に咲く花 ④ハエドクソウ、フシグロセンノウ、ボタンヅル,ママコノシリヌグイ

 夏の姫川源流/親海湿原に咲く花の続き、最後です。

●ハエドクソウ(ハエドクソウ科):
 姫川源流に向かう遊歩道の林下にたくさん生えていました。自宅近くの草原にも生えていていますが、こんなところにもあるかと、ついでに撮ったものです。
 唇形花基部にある大きさ5~6mmの顎上側には、3本の濃い赤紫色の“鉤針”があり、果実が稔るとこれで“ひっつき虫”になって散布されます。
 花期は7~9月。分布は日本各地。Blg3r_3

 
●フシグロセンノウ(ナデシコ科):
 山地の林縁などに生える多年草です。うっそうとした自然園内では朱色の花がよく目立ちました。花の見頃は7月下旬~8月。Blg3r_4

 
●ボタンヅル(牡丹蔓)(キンポウゲ科):
 遊歩道の林縁に生えていました。山地に自生し、葉柄によって他物にからみつく蔓性多年草です。小葉は複葉で、ボタン(牡丹)のような葉をした蔓、ということでこの名前。
 葉のつけ根に小形の白花をつけ、秋に実る種子(毛を密生したそう果)は鶴の羽のようにも見えます。
 花期は8~9月、分布は本州、四国、九州。Blg_7

 
しんがりは、
●ママコノシリヌグイ(タデ科):
 遊歩道沿いの林縁に生えていました。その名を口にするたびに、なんともすさまじい名前がつけられたものと思うのです。
 下向きに鋭い棘があり、うっかり皮膚に触れると傷が出来るほど。花は金平糖のようなかわいらしい花で、ミゾソバアキノウナギツカミにも似ています。
 花の見頃は8~9月。Blg_8

                                 (完)

|

« 夏の姫川源流/親海湿原に咲く花 ③ツリフネソウ、キツリフネ、ドクゼリ、ノブキ、バイカモ | トップページ | 夏の姫川源流/親海湿原の昆虫 ①アカハナカミキリ、ウラギンシジミ、エゾイトトンボ、ノシメトンボ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の姫川源流/親海湿原に咲く花 ③ツリフネソウ、キツリフネ、ドクゼリ、ノブキ、バイカモ | トップページ | 夏の姫川源流/親海湿原の昆虫 ①アカハナカミキリ、ウラギンシジミ、エゾイトトンボ、ノシメトンボ »