« 夏の姫川源流/親海湿原の昆虫 ①アカハナカミキリ、ウラギンシジミ、エゾイトトンボ、ノシメトンボ | トップページ | アサガオ、ノアサガオ、マルバアメリカアサガオ、マメアサガオ、ヒルガオ »

2012年8月31日 (金)

夏の姫川源流/親海湿原の昆虫他 ②イナゴ幼虫(褐色型)、ヒメギス(緑色型/褐色型)、ヤマアカガエル

 暑さがおさまることのないままに8月も終わりますが、暦の上では天地始粛の侯で、「二百十日」となりました。時間だけは確実に流れていきます。

 8月の湿原散策途上で見かけたバッタやカエルの記録です。

●イナゴ幼虫(イナゴ科)(褐色型):
 ドクゼリの花の基部に隠れるように止まっていました。成虫を見かける時期は8~11月。Blg_2

 
●ヒメギス(キリギリス科):
 全身が黒褐色で、背中は緑色(緑色型)または褐色(褐色型)のものがいます。大きさは25mmくらいでキリギリスより一回り小さく、胸部の後方が白線でふちどられているのが特徴です。
 腹端に長い産卵管を持つのが♀。翅は通常は短いですが、長いもの(長翅型)もいます。湿り気のある草原や水田・休耕田周辺、林縁、などで、草丈が低く開けた環境を好んで生息しています。植物の葉やほかの昆虫などを食べる雑食性です。
 出現時期は6~9月、分布は日本各地。

・緑色型の♀Blg_3

 
・褐色型の♂(撮影はひるがの高原)Blg_4

 
●ヤマアカガエル(あるいはニホンアカガエル?):
 湿原に生えたシダの葉陰にいました。このアングルしか撮れませんでした。ニホンアカガエルとヤマアカガエルがいて、そのいずれかと思うのですが、両者の見た目はよく似ています。
 Web上にも両者の見分け方として、目の後ろからのびる「背側線粒上隆条」で区別できると紹介されていますが、その判別に必要なアングルの写真が撮れていませんから、素人には判別が困難です。
 そこで標高750mほどの”山地湿原“にいたから単純に「ヤマアカガエル」としました。間違っているかも知れません。Blg

|

« 夏の姫川源流/親海湿原の昆虫 ①アカハナカミキリ、ウラギンシジミ、エゾイトトンボ、ノシメトンボ | トップページ | アサガオ、ノアサガオ、マルバアメリカアサガオ、マメアサガオ、ヒルガオ »

動物」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。