« トノサマバッタ、マメハンミョウ | トップページ | クサカゲロウの仲間、”ゴミ背負い型”幼虫 »

2012年10月12日 (金)

チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリ

 秋が少しずつ深まってくるにつれて、お腹が大きくなって重そうに歩くカマキリの姿が見られるようになりました。

●チョウセンカマキリ:
 (前肢付け根、胸の橙色が目印ですが今回は見えません)
 ・道端でP91300522_1

 ・産卵場所を求めて庭にやってきたもの。すぐにカマを振りかざすこともなくじっと見ているだけ。
  大きなお腹でした。数日うろうろしていましたが・・・P91300522_7

P91300522_10

P9130052

 
●ハラビロカマキリ
 農道をゆっくり横断していました。普段から少し太め体型と、前翅にある一対の白斑が目印。(写真が不出来で不明瞭です)Photo_5

|

« トノサマバッタ、マメハンミョウ | トップページ | クサカゲロウの仲間、”ゴミ背負い型”幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トノサマバッタ、マメハンミョウ | トップページ | クサカゲロウの仲間、”ゴミ背負い型”幼虫 »