« ミゾカクシ(別名アゼムシロ) | トップページ | シマツユクサ結実(再観察) »

2012年11月 3日 (土)

ヒメジソ

 造成地の開けた砂利敷き道に一株生えていました。茎は四方に斜上するように広がり、また花穂が短く立ち上がっていました。
 その後少し時間を置いて、種が出来たところを再度観察してみました。
 茎は四角で、小さい白い花もシソ科の特徴があり、外観がよく似たイヌコウジュなど数種の植物がありますが、ヒメジソとしました。

●開花時期の様子。
 Photo_15

 
●花が終わり、結実した様子。2r0028777

3r0028859

4r0028777

5r0028777

ヒメジソ(姫紫蘇)(シソ科イヌコウジュ属):
 山野の湿った林縁や道端に生える1年草。高さ10~60cm。茎は四角形で稜には下向きに曲がった短毛があり、節にも白い毛が生えています。
 葉は対生し、長さ2~4cmの卵形~広卵形で粗い鋸歯があります。枝先に長さ3~7cmの花穂をだし、白~淡紅紫色の小さな唇形花をややまばらにつけます。
 萼は長さ2~3mmで、裂片の先はイヌコウジュほど尖りません。
 花期は9~10月、分布は日本各地。
 よく似たイヌコウジュとは、葉の形状の差異や萼の先の尖り方、花軸の毛の多少等で区別されていますが、相対的なもので素人には写真だけでの判断は難しそうです。

|

« ミゾカクシ(別名アゼムシロ) | トップページ | シマツユクサ結実(再観察) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミゾカクシ(別名アゼムシロ) | トップページ | シマツユクサ結実(再観察) »