« 四つ手網漁、コサギ、ヒドリガモ(冬鳥)とオオバン | トップページ | ヒメジソ »

2012年11月 2日 (金)

ミゾカクシ(別名アゼムシロ)

ミゾカクシ(キキョウ科ミゾカクシ属):
 湿り気のある田の畦や草地に群生する多年草です。
 茎は地を這うように伸び、さらに節から発根してどんどん増えていき、ついには溝をも覆い隠してしまうほどに繁茂することからこの名前。
 また、アゼにムシロを敷いたように広がる様子からはアゼムシロの別名も。R0028365_1

 
 葉は広い線形で鋸歯があり、互い違いにつきます。R0028365_2

 
 6月から11月(暖地)にかけて白色に紫色をおびた花を多数つけます。
 花の大きさは1cmほどで花冠は5裂し、裂片のうち2つは横向きに、残り3つは下向きにつく独特の形です。R0028365_3

R0028365_3trm

R0028365_4trm

 分布は日本各地ですが、最近、水田地帯では環境変化などで見られる地域が限定的になっているようです。
 なお本種は有毒植物です。

|

« 四つ手網漁、コサギ、ヒドリガモ(冬鳥)とオオバン | トップページ | ヒメジソ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四つ手網漁、コサギ、ヒドリガモ(冬鳥)とオオバン | トップページ | ヒメジソ »