« オオアトボシアオゴミムシ | トップページ | コツブヌマハリイ、フトイ、サンカクイ、コウガイセキショウ、サワトウガラシ »

2012年11月 6日 (火)

カンエンガヤツリ、ヌマガヤツリ、マツカサススキ、ミズカヤツリ、メリケンカルカヤ

 10月中旬、渡良瀬遊水地で観察した湿性植物のメモ記録です。

●カンエンガヤツリ(カヤツリグサ科):
 大型のカヤツリグサ1年草で、絶滅危惧Ⅱ類(UV)に指定されています。Photo

 
●ヌマガヤツリ:
 水辺に多い大型のカヤツリグサ1年草。R0028349

 
●マツカサススキ(カヤツリグサ科):
 帰化植物で、大型の多年草です。ピンぼけになりました。R0028349_2

 
●ミズカヤツリ(カヤツリグサ科):
 滑らかな棒状の小穂を横向きに広げる大型の多年草で、珍しいそうです。R0028349_3

 
●メリケンカルカヤ(イネ科):
 北米原産の帰化植物、多年草で、草丈50~100cmになります。晩秋に葉鞘に包まれた穂を上から下までまんべんなくつけます。
 花期は9~10月。在来種と競合する恐れがあり、要注意外来生物(外来生物法)に指定されています。R0028349_1

                                  (続く)

|

« オオアトボシアオゴミムシ | トップページ | コツブヌマハリイ、フトイ、サンカクイ、コウガイセキショウ、サワトウガラシ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオアトボシアオゴミムシ | トップページ | コツブヌマハリイ、フトイ、サンカクイ、コウガイセキショウ、サワトウガラシ »