« エゾミソハギ、ヨシ、タコノアシ、ヤナギタデ、カワヤナギ | トップページ | アキノキリンソウ、セイタカアワダチソウ、ツルアリドオシ、クルマバハグマ »

2012年11月11日 (日)

アキノウナギツカミ、ヒメシオン、ホソバオグルマ、マイヅルテンナンショウ

 10月中旬、渡良瀬遊水地で観察した植物のメモ記録、最後です。

●アキノウナギツカミ(タデ科):
 1年草です。草地に生えていました。ほかの雑草に邪魔されてあまり勢いがなく、貧弱な個体でした。
 茎は長く伸び、小さな刺があってざらつき、ほかの植物に絡んで立ち上がっています。
 葉の基部はヤジリ型で、茎を抱くように張り出します。 花はミゾソバやママコノシリヌグイなどと似ています。Photo_5

 
●ヒメシオン(キク科):
 湿り気のある草地に1株ありました。草丈60~100cmの多年草です。全国的に個体数は多くはないようで、近くでも普段目にする機会はほとんどありません。
 頭花は白色で小さく、径7~9mm。(ヒメジョオンとは全く別物です)Photo_6

 
●ホソバオグルマ(キク科):
 湿った草地に一株、花期(7~9月)も過ぎてかなり傷んだものが残っていました。
 草丈は30~70cmの多年草です。田の畦などに生えるオグルマに似ていますが葉が細く、頭花も小さめの径2.5~3cmほど。(環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類)。
Photo_7

 
●マイヅルテンナンショウ(果実)(サトイモ科):
 草地に生えていました。花期は5~6月で、今はトウモロコシのような果実が出来ていました。熟すと赤くなります。(環境省レッドリスト絶滅危惧Ⅱ類です)。Photo_8

|

« エゾミソハギ、ヨシ、タコノアシ、ヤナギタデ、カワヤナギ | トップページ | アキノキリンソウ、セイタカアワダチソウ、ツルアリドオシ、クルマバハグマ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エゾミソハギ、ヨシ、タコノアシ、ヤナギタデ、カワヤナギ | トップページ | アキノキリンソウ、セイタカアワダチソウ、ツルアリドオシ、クルマバハグマ »