« ミツユビカモメ(冬鳥) | トップページ | タンボコオロギ幼虫 »

2012年11月14日 (水)

ホソヒラタアブ

 玄関先にホソヒラタアブがいました。近づいても逃げず、危うく踏みつけるところでした。
 ゆっくり動きますので、寒いからかと思ったものですが、写真をみると羽化の際にトラブルがあったのか、翅が不完全で飛べなかったのです。R0029227trmcc

 
 複眼が接しているので♂です。傍の鉢植えに載せておきましたが、近くに花がないのでどうしたものか・・・R0029229trm

ホソヒラタアブ(ハナアブ科):
 体長10mmほどのハナアブです。幼虫はアブラムシを食べる益虫で、成虫は花の蜜を吸います。
 複眼の大きな頭部をし、胸部は暗い銅金色をしていて、不明瞭な縦条が見られます。
 腹部は名前のように細く平たい形で、色は、黄褐色から橙色で、黒帯の太いものと細いものを組み合わせた縞模様をしています。
 成虫出現時期は3~11月で、成虫で越冬します。分布は日本各地。

|

« ミツユビカモメ(冬鳥) | トップページ | タンボコオロギ幼虫 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミツユビカモメ(冬鳥) | トップページ | タンボコオロギ幼虫 »