« キゴシハナアブ | トップページ | 晩秋の昆虫たち① »

2012年11月19日 (月)

ツマグロヒョウモン親子

 11月中旬、晴れて風のない草原に行くと、まだツマグロヒョウモン(♀)が飛んでいるのを見ることがあります。
 でも、成虫はもう見納めの時期になりました。Photo_4

 
 宅地内の道端で、セメントとアスファルトの隙間にスミレが数株生えていて花を開いていました。R0029086

 
 そしてその近くをツマグロヒョウモンの終齢幼虫がうろうろしていました。R0029080

R0029094

R0029077

 ツマグロヒョウモンは「越冬態」という形式を持たない蝶で、幼虫は寒さにも強いのですが、今から蛹になり、越冬するつもりなのでしょうか、あるいは、幼虫のまま越冬するのでしょうか。
 ともあれ、成虫は寒さには弱いので、野外では冬を越すことは出来ません。

|

« キゴシハナアブ | トップページ | 晩秋の昆虫たち① »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キゴシハナアブ | トップページ | 晩秋の昆虫たち① »