« ヨモギハムシ | トップページ | ウリ3題(カラスウリ、スズメウリ、アレチウリ) »

2012年12月18日 (火)

ヤブツルアズキ

 ヤブツルアズキ(マメ科)は、晩夏から初冬にかけて道端に毎年見かける1年草で、アズキの原種といわれています。
 今季、道端に蔓を伸ばしていた株は勢いがなく、葉の脇から総状花序を出し、特徴的な淡黄色の花付きも今ひとつでした。Rimg0001_6

Rimg0001_5 

 
 それでも秋には線形の豆果が実り、鞘には6個以上の種子が入っていました。Rimg0001_4

 
 12月初旬、葉はすっかり枯れた茎に残っていた、まだ緑色の鞘を開いてみましたが、中のマメは未熟のままでした。よほど生育条件が悪かったのでしょうか。R0029887

R0029890

 花期は8~10月、分布は本州,四国、九州。

|

« ヨモギハムシ | トップページ | ウリ3題(カラスウリ、スズメウリ、アレチウリ) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヨモギハムシ | トップページ | ウリ3題(カラスウリ、スズメウリ、アレチウリ) »