« ご近所の鳥(2012/12) | トップページ | クリスマス/(2012.12.25) »

2012年12月24日 (月)

カワウ

 冬になると内陸の調節池に、カワウの飛来が多くなります。池には大小様々な魚が生息していて、魚影も比較的濃いからです。
 折りからの強風で水面が波立つ池に水鳥の群れと、アルミ欄干に一列に止まって休むカワウが目立ちました。1pc124331

2pc124356

 
 カワウも逃げ足は速く、100mほど離れていれば羽繕いしたり濡羽を乾かしたりなどしていますが、それ以上近づいていくと神経質なものから順に飛び立ち、3pc124336

 
 最後に残る1羽(60mくらい離れていたでしょうか)が、うさんくさそうにこちらを見やってからおもむろに飛んで行きました。5pc124362

 関東地方では、カワウが採食する場所は春から夏にかけては沿岸部、秋から冬になると内陸部の河川へと移動すること、また冬は内陸部にねぐらをとるカワウの個体数が増えることも知られています。

|

« ご近所の鳥(2012/12) | トップページ | クリスマス/(2012.12.25) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所の鳥(2012/12) | トップページ | クリスマス/(2012.12.25) »