« オオジュリン(漂鳥) | トップページ | カルガモのアルビノ(白化個体) »

2013年1月28日 (月)

ハジロカイツブリ(冬鳥)

 今朝3時41分頃、茨城県北部を震源地とする震度5弱の地震がありました。
 何となく、また揺れているなあ、と分かりましたが当地は震度2とのこと。
 昨夜半から、予報通り細雪が舞いました。庭のロウバイにも少しの綿帽子が。
 子供達が学校に行く頃には止みました。
 お昼前までには新雪はあっという間に消えましたが、2週間前の古雪はまだ残っていて、相変わらず寒いです。Photo_6

 
 さて、はじめてお目にかかったハジロカイツブリです。
 先日、池に1羽だけ浮いているのを見つけました。全長は30cmほどでカイツブリより少し大きくハトくらいの大きさ。
 目が赤く、くちばしがわずかに上に反っています。雌雄同色で、冬羽はのどから腹にかけて白く、他が黒色です。P1235006_1trmcc

Photo_7

 
 類は友を呼ぶ、のでしょうか、すぐ近くにいつも見かけるカイツブリ(写真左側)が浮いてきて、並んで泳ぎ去って行きましたが、P1235012

 
 カイツブリはやがて2羽(写真下、右側)に。Photo_8

ハジロカイツブリ(カイツブリ科):
 中国東北部やウスリー川周辺などで繁殖したものが冬鳥として日本各地の海や湖沼に渡来します。
 ただ、当地(埼玉県)では観察できる機会は少なく準絶滅危惧種になっています。

|

« オオジュリン(漂鳥) | トップページ | カルガモのアルビノ(白化個体) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオジュリン(漂鳥) | トップページ | カルガモのアルビノ(白化個体) »