« オオバン、潜るのはへたくそ | トップページ | 寒空の下のハクセキレイ »

2013年1月25日 (金)

冬の散歩道の鳥

 いつもなら自転車で出かけて、風に負けて早々に戻る日が多いのですが、合間の一日だけ風がなくてウオーキング日和になったので、お決まりのコース一巡散歩に。

 その際に撮れた普通に目にする鳥たちです。あまり可愛くないヒヨドリとムクドリは、いつもスルー。これ差別ですかねえ。

●シジュウカラ:
 間近で”ジュクジュクジュク”と鳴き声が聞こえました。ミカンの木がある畑に2羽下りていたのですが、すぐ木に飛んでしまいました。
 野良猫が2匹、のっそりと現れたからです。Photo

 
●ホオジロ:
 堤防の向こうの枯れ草地に小さな群れでいました。1羽だけ残って写真撮りにつきあってくれた、気のいいホオジロです。Blg2013124p1245117

 
●キジバト:
 たいてい複数で見かけます。すぐに飛んでしまうこともあれば、時には警戒しながらも、熱心に枯れ草地を歩き回っていることもあります。
 この方はお腹がすいていたのでしょうか。Blg2013124p1245138_2

 
●スズメ:
 スズメの成る木でした。一斉に逃げられますが、とりあえずこれだけ撮れました。Blg2013124

 
●ツグミ(冬鳥):
 この冬はツグミの姿がなかなか見えなかったのですが、ようやく写真撮影第一号。群れることがなく、口をつぐんで声も出さないので、田んぼや枯れ草地に降りていると、飛ばれるま見分けがつきません。Blgp1245097trmcc

|

« オオバン、潜るのはへたくそ | トップページ | 寒空の下のハクセキレイ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオバン、潜るのはへたくそ | トップページ | 寒空の下のハクセキレイ »