« エゴノキ(冬芽と葉痕、維管束痕) | トップページ | モミジ、イチョウ、カツラ(冬芽と葉痕、維管束痕) »

2013年1月 6日 (日)

1月のモズ、ダイサギ

 今朝、軒下の温度計は-4℃でした。午前中は晴れて風も弱く散歩日和に、午後から曇りましたが過ごしやすい1日になりました。
 屋外メダカ水槽の、蒸発して減った水の補充をかねて冬眠中のメダカを起こさないようゆっくりと水道水を入れ、数日間凍りついたままの氷も融かしました。メダカの動静は分かりません。
 
散歩コースで。
 畑の柿の木に残った熟柿に群がるヒヨドリのピーヨ、ピーヨとやかましい声に負けないように、モズも寒いと鳴いていたのか、梅の木に飛んでキーキーいっていました。
 ピントが甘いせいもありますが、優しげな感じの顔です。P1034643trmcc

P1034649trmcc

 
 日陰は寒々とした用水路にはいつもの決まった位置取りで、(多分)ダイサギがじっと立ちすくんでいましたが、P1044699trmcc

 
 今回は珍しく、ほんのしばらく見ている間に一度だけ小魚をゲットした様子でした。P1044700

P1044702

 悠々自適、の風情。

|

« エゴノキ(冬芽と葉痕、維管束痕) | トップページ | モミジ、イチョウ、カツラ(冬芽と葉痕、維管束痕) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エゴノキ(冬芽と葉痕、維管束痕) | トップページ | モミジ、イチョウ、カツラ(冬芽と葉痕、維管束痕) »