« ホトケノザとノボロギク | トップページ | エゴノキ(冬芽と葉痕、維管束痕) »

2013年1月 4日 (金)

カイツブリ、オナガガモとマガモ(♀)

 連日晴天、強風の池の遊歩道まで。散歩ついでには、この時期変わり映えしない鳥しか撮れません。

●カイツブリ(留鳥):
 毎度のことながら、お尻を向けて遠ざかるショットしかありません。Pc254603

Pc254604trmcc

Pc254609

 
 どこから潜ってきたのか、いつの間にやら2羽に。つがいでしょうか。Pc254622

 
●マガモの群れにいつも1羽いるオナガガモ(いずれも冬鳥):
 いつ見てもマガモの雌につきまとっています。Photo

 ストーカー行為そのものですが、空を飛ぶ自由な鳥の世界にはそんなこと関係ないのでしょう。

 池にはカルガモ、マガモ、ヒドリガモなどが見られます。余談ながら、専門家の話に寄ると、時に留鳥のカルガモと冬鳥のマガモの自然交配種とおぼしき個体も見られて、識別が難しいことがあるそうです。

|

« ホトケノザとノボロギク | トップページ | エゴノキ(冬芽と葉痕、維管束痕) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホトケノザとノボロギク | トップページ | エゴノキ(冬芽と葉痕、維管束痕) »