« 飾り羽の生えたアオサギとダイサギがいて、カルガモの雛もいる春。 | トップページ | マムシグサまたはミミガタテンナンショウ »

2013年4月13日 (土)

シロメダカとナガバオモダカ/屋外水槽

 平均気温が平年より高かった3月、屋外水槽でも、下旬には早くも産卵が始まったシロメダカです。
 そのままにしておくと卵は親メダカに”完食”されてしまうので、仔メダカが産まれることはありません。増えてしまうとその扱いに困ることもあって・・・・・
Blg

 
 シロメダカの旺盛な食欲と、それに伴う排泄物を栄養源として、放置していても丈夫な外来種の「ナガバオモダカ」が在来種のオモダカ(こちらは稲が伸びはじめる時期にならないと姿を現しませんが)によく似た白い花をつけています。
 増えすぎていますので間引きをしなくてはなりません。R0032459

R0032462

 同じ水槽の中で息絶え絶えになりながら何とか継代していた田んぼの雑草「ウリカワ」は、まだ消息が分かりません。
 ウリカワも、その昔、水田雑草を防除する農薬が現れる以前には水田(稲作)の”強害雑草”だったのですが。

|

« 飾り羽の生えたアオサギとダイサギがいて、カルガモの雛もいる春。 | トップページ | マムシグサまたはミミガタテンナンショウ »

メダカ」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飾り羽の生えたアオサギとダイサギがいて、カルガモの雛もいる春。 | トップページ | マムシグサまたはミミガタテンナンショウ »