« ツマグロヒョウモン第1化成虫 | トップページ | ブドウトリバ »

2013年5月 5日 (日)

ヒメイチゲ

ヒメイチゲ(キンポウゲ科):

 4月下旬の山地湿原で、林縁や開けた明るい林内/林床に点々と生えているのを見つけました。
 イチリンソウ属の中でも“姫”の名前のとおり小さくて、落ち葉や他の植物に埋もれてしまうようで目立ちません。. 
 最初に一株だけ足元にある白い小さな花に気がつきました。あらためて立ち止まってあたりを見渡すと、点々と白い小さな花があることに気がついたものです。R0033164_1

 
 本種は山地の林縁に生育する多年草です。根茎が横に這い周囲に広がっていきます。
 花茎の高さは5~10cm。総包葉の中から2cmほどの花柄が出てその先に花茎1cmほどの白い花が1個つきます。R0033164_2

R0033164_3

 
 花には花弁はなく、長さ7mmほどの白色花弁状のものはがく片で、5~6枚あります。R0033164_5

 花期は4月下旬~6月下旬、分布は北海道、本州の近畿地方以北。

|

« ツマグロヒョウモン第1化成虫 | トップページ | ブドウトリバ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツマグロヒョウモン第1化成虫 | トップページ | ブドウトリバ »