« シロツメクサ、アカツメクサ、ストロベリーキャンドル(ベニバナツメクサ)、ヤセウツボ | トップページ | キジ »

2013年5月14日 (火)

カラスビシャク

カラスビシャク(烏柄杓)(サトイモ科):
 
 田んぼに面した道路脇斜面に、毎年の除草作業にも絶えることなく生えてくる多年草で、スギナと共に農家には駆除のやっかいな困った雑草です。
 3小葉の葉と、緑色の細い仏縁苞、そこから伸び上がった付属体が特徴で、その草姿はよく目立ちます。R0033096

 
 春から夏にかけて肉穂花序を立ち上げますが、花序はウラシマソウを細く小さくしたような姿をしていて、仏縁苞に包まれた花をつけます。R0033051

R0033054

 
 本種は雌雄同株/雌雄異花で、花は仏焔苞の中で咲きます。
 仏縁苞基部をちぎってみると、粒々で並んでいるのが雌花で、その上部から短い柄が出て、そのすぐ上にある筒状の白いのが雄花で、さらにひものように長く伸びているのが附属体で、仏炎苞から上に伸び出しています。3r

 本種は山地の道端や畑地などに自生しています。地下茎は球形で、その上から根と茎葉がのび出でます。
 葉は1~2枚ほどしかなく、長い葉柄があって立ち上がり、先端に3枚の小葉をつけます。葉柄の中ほどにはムカゴが出来ることがあります。

|

« シロツメクサ、アカツメクサ、ストロベリーキャンドル(ベニバナツメクサ)、ヤセウツボ | トップページ | キジ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シロツメクサ、アカツメクサ、ストロベリーキャンドル(ベニバナツメクサ)、ヤセウツボ | トップページ | キジ »