« フキバッタ幼虫(?)、アオハナムグリ、コアオハナムグリ、カタモンコガネ、コメツキムシの仲間 | トップページ | マルシラホシカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ジョウカイボン、不明のハバチ、ムツボシオニグモ »

2013年6月 9日 (日)

ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、キナミシロヒメシャク、ホソミオツネントンボ

 5月中旬、中部/伊那地方の山地で見かけた昆虫の続きです、他所でも普通に見かけるものばかりです。

●ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科):
 林地の草原を飛んでいました。
 大きさ(前翅長)20mmほどでモンシロチョウより少し小さめ。草の上をフワフワと飛ぶ、目玉模様のある薄茶色のチョウ。
 翅の裏面には細かい波形のもようがあります。草原や林の周辺で普通に見られます。いろいろな花でよく吸蜜しています。
 出現時期は4~9月、分布は日本各地。
  なお幼虫の食草は、チジミザサ、ススキなど、イネ科植物各種。R0034785_1

 
●ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)(関東型):
 里地の広場を飛んでいました。後翅の縁毛が白くてきれいな新鮮個体でした。
 足元に降りると翅をぱっと水平に開いて止まり、撮影サービス精神旺盛な習性です。
 前翅のみに白斑のある関東型です。
 雌雄同色です。翅の地色は黒に近い褐色で前翅のみに白斑のある関東型と、後翅にも白斑のある関西型に分かれます。
 出現時期は5~8月、分布は日本各地。
 なお幼虫の食草は主にヤマノイモの葉。R0034860_2

 
●キナミシロヒメシャク(シャクガ科):
 草地に居たガです。
 前翅、後翅に小さな黒点が1個ずつ見られる個体と見られない画像がありますが、今回の個体では(黒点は)識別できませんでした。
 外見がよく似た近似種が多いので、あるいは違っているかも知れませんが。
 大きさ(開張)は22mmほど。白地に黄灰色の縞模様の入ったはねをもつシャクガ。草地に多く見られます。幼虫はマメ科のシロツメクサなどを食べます。
 出現時期は5~9月、分布は本州以南。R0034804

 
●ホソミオツネントンボ(アオイトトンボ科):
 山地で水路がある林縁草地にいました。
 大きさ40mmほどで、低山地の水草の多い池などで見られる細身のイトトンボ。青色がはっきりしているので♂のようです。
 トンボにしては珍しく、春には体色が青色になりますが、冬の間は褐色になって成虫のまま冬を越し、枯葉にまぎれて見つけにくいという、「おつねん」です。
 出現時期は3~12月 、分布は日本各地。Photo

|

« フキバッタ幼虫(?)、アオハナムグリ、コアオハナムグリ、カタモンコガネ、コメツキムシの仲間 | トップページ | マルシラホシカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ジョウカイボン、不明のハバチ、ムツボシオニグモ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フキバッタ幼虫(?)、アオハナムグリ、コアオハナムグリ、カタモンコガネ、コメツキムシの仲間 | トップページ | マルシラホシカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ジョウカイボン、不明のハバチ、ムツボシオニグモ »