« クロハネシロヒゲナガ♀(2013/5) | トップページ | オオヤマレンゲ、ハナイカダ、ウツギ、テイカカズラ、マムシグサ »

2013年6月 6日 (木)

クマガイソウ、ヤマシャクヤク、ユキザサ、イカリソウ、ミゾコウジュ

 5月の山地などで見かけた植物。

●クマガイソウ(ラン科アツモリソウ属):
 環境省レッドリスト絶滅危惧II類(UV)。かつての自生地では激減してしまった多年草。
 見かけたものは人家庭先で栽培されていたもの。
 花の大きく膨らんだ袋状の唇弁を、武将・熊谷治郎直実が背中に背負った母衣に見立てた名前。
Iiuv

 なお余談ながら、同属にアツモリソウ(レブンアツモリソウ、ホテイアツモリソウ)、また近縁種には中国産アツモリソウなどがあります。

 
●ヤマシャクヤク(ボタン科ボタン属):
 山地林縁に自生していた多年草です。Img_0232

 
●ユキザサ(ユリ科ユキザサ属):
 山地林間に自生していたもの。日本各地に分布する多年草。群生していると笹の(ように見える)葉に白い雪が積もった風情に見えるという。Img_0229

 
●イカリソウメギ科イカリソウ属):
 山野草を集めてつくられたらしい人家の庭に植えられていたもの。花の形が船の錨のように見えます。落葉多年草。R0034318

 
ミゾコウジュ(シソ科アキギリ属):    
 近くの荒れ地などに自生しています。越年草。環境省レッドリスト準絶滅危惧(NT)。
 人為攪乱の激しい環境下で、シーズンによって、群生していたり、ぱらぱらとしか見られなかったり。しかし基本的には丈夫な植物のように見えます。Photo

|

« クロハネシロヒゲナガ♀(2013/5) | トップページ | オオヤマレンゲ、ハナイカダ、ウツギ、テイカカズラ、マムシグサ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロハネシロヒゲナガ♀(2013/5) | トップページ | オオヤマレンゲ、ハナイカダ、ウツギ、テイカカズラ、マムシグサ »