« ナミガタエダシャク、エゾヨツメ幼虫、不明のドクガ幼虫 | トップページ | エンレイソウ、メヤブマオ×→カメバヒキオコシ、ガマズミの花、オカタツナミソウ(シロバナも)、クサイチゴとノイバラ »

2013年6月18日 (火)

ヤマトカギバ、フタオビヒメハナカミキリ、ダイミョウセセリ、不明のコハナバチ?の仲間

6月初め、筑波山の林地で歩きついでに撮った昆虫です。

●ヤマトカギバ(カギバガ科):
 林縁の草地にいました。大きさ(開張)35mmほど。淡いベージュ色で、前翅の先端が尖り、前翅・後翅をつないだ2本の褐色線が特徴的なカギバガの仲間。
 なお幼虫の餌樹葉は、コナラ、クヌギなど。
 出現時期は4~9月 、分布は本州、四国、九州。R0035256

 
●フタオビヒメハナカミキリ(カミキリムシ科ハナカミキリ亜科):
 林縁に咲いたガマズミの白い花に来ていました。大きさ5mmほどと小さくて、動きも速くピンボケばかりになるので、フラッシュonにしたら、すぐに逃げられてしまいました。
 黒褐色で、上翅に2対の白紋がある大きさ4~6mの小さなカミキリムシ。山地の林縁などで白い花によく集まるという。
 触角はギザギザだそうですが、今回は鮮明な写真が撮れず、確認出来ません。
 出現時期は5~8月、分布は日本各地。Photo

 
●ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)(関東型):
 林縁に飛んでいました。 前翅のみに白斑のある関東型です。雌雄同色。(後翅にも白斑のあるのは関西型です。)
 なお、幼虫の食草は主にヤマノイモの葉。
 出現時期は5~8月、分布は日本各地。R0035262_2

 
●不明のコハナバチ?の仲間:
 大きさ8mm以下の小さな丸っこい体型のハチ。頭部、胸部は黒く、腹部は赤みを帯びています。種名など全く分かりません。Photo_2

|

« ナミガタエダシャク、エゾヨツメ幼虫、不明のドクガ幼虫 | トップページ | エンレイソウ、メヤブマオ×→カメバヒキオコシ、ガマズミの花、オカタツナミソウ(シロバナも)、クサイチゴとノイバラ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナミガタエダシャク、エゾヨツメ幼虫、不明のドクガ幼虫 | トップページ | エンレイソウ、メヤブマオ×→カメバヒキオコシ、ガマズミの花、オカタツナミソウ(シロバナも)、クサイチゴとノイバラ »