« ウラゴマダラシジミ | トップページ | キジ一家(2013/7) »

2013年7月 8日 (月)

チュウサギとアマサギ

 6月下旬、稲も伸びた田んぼにチュウサギの一群と、1羽のアマサギが分散して降り立っているのを見かけました。多分、田んぼにいるアメリカザリガニ捕りをしていたのでしょう。
 散歩コースではアマサギは見かける頻度は少ないので、少し距離があり、ぼやけた写真ですが、記録のため撮ったものです。

●アマサギ(サギ科):
 夏鳥。コサギより更に小さく、白いサギでは最小で、全長50cmほど。嘴は通年オレンジがかった黄色。夏羽では、頭部から頚部、胴体上面が飴色の羽毛になっています。(冬にはすべて白い羽毛になります。)P6246860_5 P6246860_7 P6246860_10

|

« ウラゴマダラシジミ | トップページ | キジ一家(2013/7) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウラゴマダラシジミ | トップページ | キジ一家(2013/7) »