« 千畳敷カールの高山植物(2013/7、その4)ショウジョウバカマ、イワスゲ、ミヤマカラマツ、ゴゼンタチバナ、ミヤマシシウド、ミツバオウレン | トップページ | ヤサガタアシナガグモ »

2013年8月 3日 (土)

千畳敷カールの高山植物(2013/7、その5最終回)

 7月下旬、中央アルプス千畳敷カールに咲いていた高山植物の続き(その5、最終回)で、木本類です。

チングルマ(バラ科):
 高山帯や亜高山帯に生育する落葉性の木本です。草本のように見えますが、地面を這う落葉小低木です。
 花茎の先に直径2~3cmほどの白色5弁花を1つ咲かせますが、遠目には中心部が薄い黄色に見えるほど、黄色い雄しべが多数あります。今回は霧に濡れてくっつき合っていました。
 葉は羽状複葉で長さは6~10cmほど。枝は地面を這い、群生して花畑をつくります。
 花後にできる種の“風車のような綿毛”がユニークです。
 花期は7~8月、分布は北海道、本州中部以北。2r 

 
●アオノツガザクラ(ツツジ科):
 高山帯の岩場や草地に生える常緑小低木で、ツガに似た針形の常緑葉と、クリーム色でかわいらしい釣鐘形の花が特徴です。
 分布は北海道、本州中部以北。Photo_4 

 
●コメバツガザクラ(ツツジ科コメバツガザクラ属):
 高山から亜高山の砂礫地や礫間などに生育する矮性の低木です。
 葉の幅は3~5mmと小さく、茎の先端では3枚が輪生し、7月に長さ5mmほどの花を数個つけます。
 分布は北海道、本州中部以北。R0037433 

 
●ハイマツの雄花(マツ科マツ属):
 高山帯に生育する常緑針葉樹。通りがかりに目についた紅紫色の雄花だけ撮れましたが、雌花の方の写真はありません。
 分布は北海道、中部以北。R0037432 

 
●ナナカマド(バラ科):
 山地~亜高山帯に自生する落葉高木です。白く小さい花をつけていました。
 秋、赤く染まる紅葉や果実が美しいので、北海道や東北地方では街路樹としてもよく植えられています。  
 花期は夏。分布は日本各地。Photo_5

 これまですべて、濃霧に濡れて咲いていたのは、ビジョビジョの”水もしたたる良いお花”ばかりでした。

ps.7月末に中央アルプス檜尾岳付近で不幸な遭難事故がありました。山の”安全”も景観もお天気次第です。

                  (完)

|

« 千畳敷カールの高山植物(2013/7、その4)ショウジョウバカマ、イワスゲ、ミヤマカラマツ、ゴゼンタチバナ、ミヤマシシウド、ミツバオウレン | トップページ | ヤサガタアシナガグモ »

旅行」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

登山/ハイキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千畳敷カールの高山植物(2013/7、その4)ショウジョウバカマ、イワスゲ、ミヤマカラマツ、ゴゼンタチバナ、ミヤマシシウド、ミツバオウレン | トップページ | ヤサガタアシナガグモ »