« 奴奈川姫と建御名方命の像(糸魚川) | トップページ | バイカモ(夏の姫川源流) »

2013年8月24日 (土)

マツカゼソウ、キツネノカミソリ(8月の山地で)

●マツカゼソウ(松風草)ミカン科:
 曇天ながら湿度が高く、汗の流れる夏の山地で、日陰になる林縁に一叢生えていました。 
 名前のように、わずかの風にも優しくそよぎ、目には涼しげに映りました。なお、揺らぎ続けるせいで、花のアップはピンボケになりました。
 本種は山地の林縁などに生える多年草です。
 茎は高さ50~80cm、上部で分岐し無毛。
 葉は3回3出複葉で互生し、小葉は倒卵形でやわらかです。
 花は小さな白色4弁花で、平開しません。花弁は長楕円形で、長さ3~4mm。
 花期は長く8~10月、分布は本州(宮城県以南)~九州。
 (画像はクリックで拡大します。)R0038033_1 R0038033_1trm R0038033_2trm

 
●キツネノカミソリ(ヒガンバナ科/クロンキスト体系ではユリ科):
 同じような林縁の開けた草地に咲いていました。
 明るい林床や林縁などに自生する多年生草本球根植物で、ヒガンバナ同様 有毒です。
 早春のまだ他の草が生えていないうちに、狭長の葉を球根から直接出して球根を太らせ、多くの草が生い茂る夏頃には一旦葉を枯らして落とします。
 そして、お盆(8月なかば)前後になると30~50cm ほどの花茎を伸ばし、先端で枝分かれした先に、花被片が6枚の鮮やかな赤黄色の花を散形状に数個つけます。
 花期は8~9月、分布は本州(東北以南)、四国、九州。R0038046_1 R0038046_2

|

« 奴奈川姫と建御名方命の像(糸魚川) | トップページ | バイカモ(夏の姫川源流) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奴奈川姫と建御名方命の像(糸魚川) | トップページ | バイカモ(夏の姫川源流) »