« アキノタムラソウ、ゲンノショウコ、ツルボ、ボタンヅルとセンニンソウ、ベッコウハゴロモ(8月の山地で) | トップページ | 富士山麓の旅(1泊2日)①富士山麓 溶岩樹型と吉田の火祭り見学 »

2013年8月28日 (水)

ヤマトウバナ、キマダラセセリの仲間(8月の山地で)

 8月下旬の山地で、初めて見かけたヤマトウバナと、(何の関係もありませんが)キマダラセセリの仲間です。

●ヤマトウバナ(山塔花)(シソ科トウバナ属):
 山地の林内で見かけた小型の野草です。
 本種は山地の木陰などに生える小さな多年草で、平地ではほとんど見かけられません。
 茎はやや斜めに立ち上がり、草丈10~25cmになります。葉には短い柄があり対生しています。
 葉の長さは2~5cmの卵形~長卵形で先はややとがり、粗い鋸歯があり、また葉の両面にまばらに毛があります。
 茎の頂部に花序をつけ、花冠は長さ8mm前後の白色唇弁花を数個ずつ咲かせます。
 (以下の画像はクリックで拡大します。)R0038029_1

 
 上唇は浅く2裂し、下唇は3中裂しています。花冠筒部の内側に紫色の斑紋があります。
 萼は長さ6mmほどで先は5浅裂して鋭く尖り、まばらに短毛が生えています。
 花期は6~8月、分布は中部地方以西、四国、九州。R0038029_2

 
●キマダラセセリの仲間(セセリチョウ科):
 山地林縁に咲いたヒヨドリバナで熱心に吸蜜していました。時々、翅を半開して休息していました。R0038037org R0038037

 写真はこれだけで、アングルを変えて撮ろうとしたら逃げられたので情報が少なく、同定は難しいです。
 ネット上の画像や手元の図鑑(フィールドガイド日本のチョウ)も参照しましたが、なかなか確信が持てる画像がなく、キマダラセセリの仲間としました。 
 大きさは、通常目にするイチモンジセセリなどより明らかに小型で、黒褐色の地色に黄橙色の斑紋がある小型のセセリチョウです。

 
※(cf. 庭にやって来て休憩中のイチモンジセセリ。大きさ(前翅長)18mmほど):R0038023_1

|

« アキノタムラソウ、ゲンノショウコ、ツルボ、ボタンヅルとセンニンソウ、ベッコウハゴロモ(8月の山地で) | トップページ | 富士山麓の旅(1泊2日)①富士山麓 溶岩樹型と吉田の火祭り見学 »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アキノタムラソウ、ゲンノショウコ、ツルボ、ボタンヅルとセンニンソウ、ベッコウハゴロモ(8月の山地で) | トップページ | 富士山麓の旅(1泊2日)①富士山麓 溶岩樹型と吉田の火祭り見学 »