« サカハチチョウ(夏型) | トップページ | 奴奈川姫と建御名方命の像(糸魚川) »

2013年8月22日 (木)

ガマの穂爆発

 どこにでも、いきなり生えてくる神出鬼没のガマ(の穂)です。
 夏の初め、池端に一叢のガマが生えて、ソーセージのような雌花の集まりの花穂をつけていました。
 8月はじめ、高温と,連日の雷雨の後、むせかえるような池端の草原に行ってみると、誰かがゴミを捨てたように見えましたが、ガモの穂先がほぐれて散り敷いたものでした。
 多分、釣り人が、,通行の邪魔になるので一部切り倒して踏みつけて行った残骸かも知れません。1 23r0037885 34r003788 4 5

 これだけ大量の種を生産しても、草原全域ガマだらけにはなりませんから、発芽率など良くはないのでしょうね。
 この、もふもふした、ほぐれたガマの穂先をみると、 「古事記」による”因幡の白兎の伝説”も、さもありなん、と思うのです。

|

« サカハチチョウ(夏型) | トップページ | 奴奈川姫と建御名方命の像(糸魚川) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サカハチチョウ(夏型) | トップページ | 奴奈川姫と建御名方命の像(糸魚川) »