« ハグロソウ(葉黒草)、キツネノマゴ | トップページ | 立秋後、猛暑日のヒガンバナ、芙蓉、アブラゼミ »

2013年8月 9日 (金)

ミズタマソウ(水玉草)

●ミズタマソウ(水玉草)(アカバナ科ミズタマソウ属):

 8月のはじめ、山地林縁で見かけました。遠目にはこの時期あまり目立ちません。
本種は山地の湿り気のある林縁や林床に生える草丈20~60cmほどの多年草です。
 茎頂部や上部の葉腋から総状花序を出し、長さ約3~4mmの小さな白い花を疎らにつけます。R0037862trm11

 
 花には花弁より大きな薄緑色の萼が2枚付属していて、その上にハート型の白色2弁花が咲きますが、花弁の切れ込みが深いため4弁花に見えます。
 長く伸びでた雌しべ1本(子房の下位につきます)と、雌しべより短いものの、2本の雄しべも目立ちます。
 また花の後ろには白いカギ毛が密生した卵形の子房があり、花が落ちる8~9月頃には白毛が密生した球形で径4mmほどの丸い果実(堅果)になります。
 (この時の様子が“水玉”に喩えられて和名になりました。)R0037862trmcc

 葉は対生し、長さ5~12cmの長卵形~卵状長楕円形で先端はとがり、ふちには浅い鋸歯があります。また葉腋や花柄の基部(節)は赤褐色を帯びています。
 花期は7~9月、分布は日本各地。

 なお、花も実もそっくりの「ウシタキソウ」がありますが、ウシタキソウは葉がずっと広いこと、またミズタマソウのように葉の付け根は赤くならないので、容易に識別可能です。

|

« ハグロソウ(葉黒草)、キツネノマゴ | トップページ | 立秋後、猛暑日のヒガンバナ、芙蓉、アブラゼミ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハグロソウ(葉黒草)、キツネノマゴ | トップページ | 立秋後、猛暑日のヒガンバナ、芙蓉、アブラゼミ »