« ハチノジクロナミシャク | トップページ | サカハチチョウ(夏型) »

2013年8月20日 (火)

ザトウムシの仲間

 ザトウムシについて、2度目の記事です。
 直射日光が差し込まない林間で、遊歩道沿いに生えたカラムシの葉に2匹くっついていましたので、通りがかりに気まぐれ撮影。

一匹目:
 左側の足一本、第二歩脚が欠損していました。(画像はクリックで拡大します。)R00379571

 
2匹目:
 こちらは右側の第2歩脚が欠損しているようです。触覚の役目をする大事な歩脚のはずですが・・・R00379582

 
 どちらもほとんど動きませんが、カメラを近づけるとゆっくり動きます。
 この種の”もの”は山地に行くと時々目にしますが、”一介の通行人”には特別カメラを向けたくなる被写体でもありません。
 で、おざなりのショットです。 R0037960

 
 画像検索でモエギザトウムシ、ヒラスベザトウムシなどが似ているかと思いましたが、名前の同定はとても無理で、ザトウムシの仲間、としました。

 ザトウムシは一見、脚の長いクモのように見えますが、クモではありません。
 豆に細長い針金のような足を8本つけたような独特の姿をしています。
 中でも特別長い第2歩脚を触角のように使って前を探りながら歩く様子から、座頭虫の名があります。
 頭胸部の真ん中に黒褐色の突起があり、その両側に1対の目がありますが、光は感じるもののあまりよく見えないらしいです。
 口の傍には短い鋏状の鋏角があります。獲物を捕らえる捕獲器官です。R00379591

|

« ハチノジクロナミシャク | トップページ | サカハチチョウ(夏型) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハチノジクロナミシャク | トップページ | サカハチチョウ(夏型) »