« アメリカアサガオ、マルバアメリカアサガオ、ノアサガオ、アサガオ | トップページ | アサザ、ツマグロイナゴ♂、クルマバッタモドキ・緑色型、キイトトンボ♂、モノサシトンボ♀ »

2013年8月17日 (土)

水田雑草の花(オモダカ、ヒメシロアサザ、ミズアオイ)

 近郊の水田で、お盆休み明けには早生品種の稲刈りがはじまります。
 水田雑草も,稲の生育に合わせて成長し、花を咲かせ種をつけて、刈り取りの時には、来シーズンの田植え時に芽生えのために種を蒔いてしまおうとしています。
 このタイミングにうまく乗れなかった(熟した種を散布できなかった)ら、来シーズンはそこでは姿を消すことになりますから。

 
●オモダカ:一番良く目につくしたたかな水田雑草です。R0037670_1 Photo_4

 
●ヒメシロアサザ
 もともと強い繁殖力を持つ水田雑草でもあったのですが、除草剤や生育環境変化の影響で、個体数は減少傾向にあり、地域によってはいまや絶滅危惧種になっています。
 近郊でも観察できるケースは限定的です。
 生育速度は速く,水面に素早く葉を広げ、とても小さな白い花をつけ、そして小さな種を水面に大量に散布します。
 試みに、水田から除草される前に一株採取して水槽に植えてみると、その繁殖力としたたかさにあらためて驚かされます。.決してか弱い植物ではありません。2 1

 
●ミズアオイ:
 農家には叱られそうですが、ミズアオイの隠れファンなのです。
 こちらもご多分に漏れず自生個体数は激減していて、環境省RDBでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
 ここしばらく姿を見ませんでしたが、今シーズンたった一箇所で、一株見つけました。
 しかしこの時期にはもうすっかり勢いがありません。うまく種を散布できるでしょうか。Photo_5

|

« アメリカアサガオ、マルバアメリカアサガオ、ノアサガオ、アサガオ | トップページ | アサザ、ツマグロイナゴ♂、クルマバッタモドキ・緑色型、キイトトンボ♂、モノサシトンボ♀ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカアサガオ、マルバアメリカアサガオ、ノアサガオ、アサガオ | トップページ | アサザ、ツマグロイナゴ♂、クルマバッタモドキ・緑色型、キイトトンボ♂、モノサシトンボ♀ »