« キンボシハネカクシ | トップページ | 雑記/クロアゲハ »

2013年9月 7日 (土)

秋の気配も漂う中、顔なじみの昆虫たち

 ”今日は涼しいから、顔なじみが出ているよ”、先ほどはキンボシもうろうろしていたがねェ、と遊歩道でショウリョウバッタのおばさん。
 ”新住民はいないの?”
 ”さあね、暇なんだから行ってみなさいよ。”

 うろついていたのは顔なじみばかりでした。最高気温が30℃を下回る日もでてきて、何となくほっと一息つけるような季節の移ろい。

●ショウリョウバッタ(♀)(草食性):R0038345cc

 
●オオアトボシアオゴミムシ(上)※とキボシアオゴミムシ(中)いずれも肉食性)、そしてヒシバッタ(下)(草食性):
 ・素早く道路脇の草地に走り込んだオオアトボシアオゴミムシ(アトボシアオゴミムシなどよく似た種もたくさんいますが、本種の上翅後方に見られる1対の黄色い紋は上翅の縁沿いにやや不明瞭につながっていて、前胸部もやや赤味がかっていることなどから識別)、
 ・キボシアオゴミムシの左前翅には傷跡が。
 ・ヒシバッタは♀でしょうか。Photo_5

 
●クロホシカメムシ(植物吸汁):
 いつも地面をうろうろ歩き回っている、地味で小さめの地表性カメムシ。Photo_2

 
●マダラスズ(♀)(上)とエンマコオロギ(♂)(どちらも肉食性も強い雑食性)のコオロギ仲間。Photo_3

 
●マメハンミョウ(見かけによらず草食性):
 何となくやくざっぽい装いの名だたる有毒昆虫。
 動きが鈍いのでよくみると、やくざ同士の抗争でやられたものか、頭部にざっくり、刀傷!.体液が浸みだしていました。
 君子危うきに近寄らず、が、大事です。
 余談ながら、このあともう1匹、いたのですが、カメラを向けた途端に、勢いよく飛び立って草原の向こうに消えていきました。飛翔能力も十分もあり、移動距離も広いようです。
Photo_4

|

« キンボシハネカクシ | トップページ | 雑記/クロアゲハ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キンボシハネカクシ | トップページ | 雑記/クロアゲハ »