« クロホシカメムシ、クルマバッタモドキ、マメハンミョウ、ヨツボシテントウダマシ、クロモンサシガメ(終齢)幼虫 | トップページ | マダガスカル旅行記(2013/10) (1)はじめに/1日目 »

2013年10月19日 (土)

ツマグロヒョウモン成虫と幼虫(2013/10月)

 フィールドでよく目立つツマグロヒョウモンです。

 ツマグロヒョウモンは多化性の(1年に何回も発生を繰り返す)チョウで、直近に羽化した個体は大変きれいですが、道端に自生したニラの花に来ていたのは、翅にずいぶんダメージのある♀でした。R0039346

R0039353

 
 そして写真を撮っていたところに、きれいな雄が飛んできてプロポーズ行動に。R0039358

 
 しかし雄が近寄ると雌は翅を広げ、腹端を上に曲げて交尾拒否行動。
 もうその時節ではないようです。Photo_3

 
 数日後、自宅近くの路上を”驀進“しているツマグロヒョウモンの幼虫に出くわしました。
 ツマグロヒョウモンは「越冬態」という形式を持たない蝶で、幼虫は寒さにも強いのですが、今から蛹になり、越冬するつもりなのでしょうか、あるいは、幼虫のまま越冬するのでしょうか。Blg3r

 ともあれ、成虫は寒さには弱いので、野外では冬を越すことは出来ません。

*******************************************

※お知らせ:
 勝手ながら、明日より10月27日(日)まで不在のため、ブログの更新は停止いたします。
 

|

« クロホシカメムシ、クルマバッタモドキ、マメハンミョウ、ヨツボシテントウダマシ、クロモンサシガメ(終齢)幼虫 | トップページ | マダガスカル旅行記(2013/10) (1)はじめに/1日目 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロホシカメムシ、クルマバッタモドキ、マメハンミョウ、ヨツボシテントウダマシ、クロモンサシガメ(終齢)幼虫 | トップページ | マダガスカル旅行記(2013/10) (1)はじめに/1日目 »