« 信越紅葉名所巡り(2013/10月初旬)その②ヒマラヤの青いケシなど | トップページ | 信越紅葉名所巡り(2013/10月初旬)その④志賀高原、白根山など »

2013年10月 5日 (土)

信越紅葉名所巡り(2013/10月初旬)その③乗鞍スカイラインの紅葉その他

3日目:(バス乗車時間計、約11時間)
 白馬温泉-(2.5時間)→《乗鞍スカイライン・雲上の絶景》-(4時間)→畳平(標高約2,700mの絶景観賞)-(2時間40分)→高峰高原(ダケカンバなど紅に染まる標高約2,000mを散策)-(40分)→軽井沢近郊で夕食-(1時間)→嬬恋バラギ温泉(泊)

 白馬村出発。まず今回の旅で一番のお目当て、乗鞍スカイライン、畳平へ向かいます。
 この日だけ天気は晴れ時々曇りという、期待の予報です。

 平湯辺りまでは、上空は晴れていましたが、北アルプス方面は雲が湧いて来てこの先微妙に。
 そして畳平に着いたときにはどんどん湧いてくる霧が迫り、遠景は雲に覆われるようになっていました。
 畳平(2,702m)から、360℃の景観がすばらしいという魔王岳(2,764m)まで10数分、息を切らして馳せ登りましたが、残念ながらアルプスの景観は、絶え間なく湧いて流れていくガスに阻まれ、すっぽりと霧のヴェールに包まれていました。
 下山時間を気にしながら未練がましく待つ間にほんの一瞬、まさに秒単位の時間、北アルプスの笠ヶ岳、そして槍ヶ岳と奥穂高岳がチラッと見えただけ。あきらめてそそくさと下山。1 Photo

 
 残るは”スカイライン”よりもむしろ”エコーライン”の紅葉です。
 紅葉はその年度によって美しさは大幅に変動しますが、今年は例年になく期待できると言うことでした。
 本来紅葉を愛でるには、歩くのが一番ですが、団体ツアーとなればそうはいかず、バスで通り抜けです。
 畳平から乗鞍高原に下る「乗鞍エコーライン」の道すがら、車窓から眺めた紅葉はすばらしい、の一語に尽きる見事なものでした。
 ナナカマドの真っ赤、モミジカエデの赤橙、ダケカンバの黄色、そしてハイマツの緑が織りなすカラー・ハーモニーの絶景は、期待以上に見事なもので、短い時間ではありましたが、充分満足したことでした。
 そしてまた、今回の旅の幸運は、これで使い果たしたのでした。Photo_2 Photo_3

 
 次の目的地、高峰高原(小諸市、標高2,000m)までは、道中渋滞などもあり、予定以上に時間がかかって現地に着いたのは日没時間。
 そのまま追われるように黒い樹間に垣間見える茜色を見ながら宿泊地まで急ぐ事に。Photo_4

 途中で夕食を済ませてから、群馬県嬬恋村の標高1,340mにある高原の宿へ向かう、とっぷり日の暮れた山岳道路は、視界が10数メートルほどしかない濃霧の中。
 急カーブの続く道を、大型バスのハンドルをにぎる若い運転手さんは大変だったでしょうが無事到着。
 この日はバス乗車時間が実に12時間近くになる長丁場でした。 

              (→4日目に続きます。)

|

« 信越紅葉名所巡り(2013/10月初旬)その②ヒマラヤの青いケシなど | トップページ | 信越紅葉名所巡り(2013/10月初旬)その④志賀高原、白根山など »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信越紅葉名所巡り(2013/10月初旬)その②ヒマラヤの青いケシなど | トップページ | 信越紅葉名所巡り(2013/10月初旬)その④志賀高原、白根山など »