« アオツヅラフジ(雄株) | トップページ | キオビツチバチ♀ »

2013年10月14日 (月)

セスジスズメ若齢幼虫とホシヒメホウジャク(緑色型)終齢幼虫

セスジスズメ若齢幼虫とホシヒメホウジャク(緑色型)終齢幼虫:

 9月下旬の夕刻、外出から帰宅した玄関先で。
 通学路上を、黒に黄丸印をつけたのと、明るい緑色に黒褐色の斑紋をつけた派手な装いのイモムシが1匹ずつ”驀進”していました。
 いずれもスズメガ幼虫の特徴である長い尻尾(尾角)をタクトのようにパタパタと、とくにホシヒメホウジャク幼虫は180度近くも前後に振りながら。

●セスジスズメ若齢幼虫
 先っぽが白いタクト(尾角)で、黒地に黄色丸印をつけたものは「セスジスズメ」の若齢幼虫。Photo_2

 
 やがて終齢幼虫になり、R0037717_1

R0037979

 
 蛹になって越冬し、初夏に成虫になります。
 ちなみに、今夏、飛んできた親です。R0036080

 
●ホシヒメホウジャク(緑色型)終齢幼虫:
 さらに長い黒紫色に近い色の尾角をつけた緑色の方は、「ホシヒメホウジャク」の(緑色型)終齢幼虫です。Photo_3

 それなりの人通りも、また時に車もなど通るで、よく(踏み)潰されないで来たものです。
 冬ごもりに向かっての行動でしょうか。
 なおスズメガの仲間の幼虫は、一般に地表或いは土中で蛹化しますが、ホシヒメホウジャク幼虫は枝上で葉を2~3枚綴って簡単な繭を作ります。そして蛹で越冬します。

|

« アオツヅラフジ(雄株) | トップページ | キオビツチバチ♀ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アオツヅラフジ(雄株) | トップページ | キオビツチバチ♀ »