« キオビツチバチ♀ | トップページ | 草原の小昆虫、”分断色”のヒシバッタなど »

2013年10月16日 (水)

オニグルミ、ヌスビトハギ、クサギの花にクロアゲハ

 台風26号による雨のピークは午前6時の33mm/hで、通勤通学の交通機関には影響が出ましたが幸い大過なく過ぎていきました。
午前中はまだ風が残っていますが、午後には天気回復です。

※散歩コースの秋模様。

●オニグルミ:
 川辺に自生したオニグルミです。
 8月、大量の”毛虫に覆われて”緑の葉の大半がが蚕食され、残りはそのまま枯れ落ちて裸になり無残な姿をさらしていましたが、その後しばらくしてから若葉が展開して、今は新緑のような状態になりました。野生は強いな、と感心。
 そして誰も振り向かない実がたくさん出来ています。
 川面に落ちた実は流れに運ばれて、漂着した何処かで芽生えることでしょう。Photo

 
●アレチヌスビトハギ:
 草地には毎年の草刈りにも絶えることなく、アレチヌスビトハギが、頬被りした盗人の目のような紋様のある花をつけています。
 もうすぐ種が出来るとやっかいな”ひっつき虫”になります。Photo_2

 
●クサギの花にクロアゲハ:
 遊水池の作業広場に自生したクサギの花には、クロアゲハが吸蜜に訪ずれていました。(余談ながらその後になって、作業の邪魔になるので、除草作業のついでに株元から切り倒されてしまいました。)Photo_2

|

« キオビツチバチ♀ | トップページ | 草原の小昆虫、”分断色”のヒシバッタなど »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キオビツチバチ♀ | トップページ | 草原の小昆虫、”分断色”のヒシバッタなど »