« カラタネオガタマの結実 | トップページ | ナガコガネグモ、ウスミドリナミシャク »

2013年11月 1日 (金)

コウヤボウキの花

 落ち葉の季節11月に。いっそう秋が深まります。

落葉:
 秋の日のヴィオロンのためいきの 身にしみてひたぶるにうら悲し.................(ヴェルレーヌ、上田敏 訳)

 流れていく時間の速さは、歳を重ねるほどに感慨深く、身に沁みます。

コウヤボウキ:
 5年以上も前になるでしょうか、冬枯れの山地で、花後にできた綿毛の種が,風にも飛ばずに残っていたのを少し採取して、庭に埋めておきました。Photo

 
 そして、すっかり,忘れた頃に、針金のような、細長い茎が伸びだしているのに気がつきました。
 あまり環境が良くないこともあって、全く目立たない存在で、いつの間にか姿が消え、翌年また同じところに細長い茎がヒョロヒョウロ生えてくる、ということを,途絶えることはなく、数年間繰り返していました。

 今年10月はじめに、まだ日よけカーテンにして,残っていたいたゴーヤのツルの間に、やはり貧弱で細い萎びたような茎が数本、うなだれるように隠れているのに気がつきました。
 少し可愛そうかなと,周囲のゴーヤを取り除き、支柱を立てておいたものです。
 そして10月末、冷たい雨が降った翌日の午後、何やらシロっぽい塊がぽんぽんとあるのが目にとまりました。
 なんと、貧弱で”青白い顔つき”ではありますが、コウヤボウキの花が咲いていたのです。
 山地で見かける元気な株にはとうてい及びませんが、アップで見るとやはりなかなか芸術的な花姿です。R0039939

Avf35img_16681016

Img_2256

R0039935

|

« カラタネオガタマの結実 | トップページ | ナガコガネグモ、ウスミドリナミシャク »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カラタネオガタマの結実 | トップページ | ナガコガネグモ、ウスミドリナミシャク »