« アオゴミムシの仲間?、セアカヒラタゴミムシ | トップページ | キンボシハネカクシ(2013/11) »

2013年11月 6日 (水)

ハッカハムシ、ヨモギハムシ(2013/11)

 草原も除草されてすっかり茶色の冬枯れ風景に変わりました。たくさんいたバッタもほとんど姿を消したこの頃。
 まだ、ぽつんぽつんとうごめいている小昆虫がいます。

 たまたま1匹だけ金銅色に光りながらゆっくり歩いていたハッカハムシです。
●ハッカハムシ(ハムシ科):
 大きさ9mm前後。以前に一度見かけたことがありましたが、目にする機会は大変少ない甲虫です。
 光を受けて金銅色に鈍く光る前翅に、縦に並ぶ黒色の平滑隆起斑紋があるハムシです。
 他に似たものがいませんので一度で覚えました。
 光の受け具合で脚などが紫色に光ったり、またひっくり返すと全面紫色に光ったり、です。 
 通常は銅色ですが、日本海側では藍色を帯びる個体が現れるそうです。
 ハッカをはじめ、アオジソ、ホトケノザ、アキギリ、ヒメシロネなどシソ科の植物の葉につきます。
 出現時期は5~11月、分布は日本各地。Blg

 
●ヨモギハムシ(ハムシ科):
 大きさ 8mm前後。遊歩道にたくさん這い出しています。
 草原にたくさんいます。昆虫の少なくなった今ごろ一番よく見かけるヨモギハムシです。
 青藍色に光るものと黄銅色の光沢をもつ2つのタイプが普通にいて、同じように見られます。
 そして晩秋のこの時期、産卵場所を探して地表を歩きまわる、お腹の大きなメスも目につきます。
 草地のヨモギや、ヤマシロギクなどを食べ、これらの植物の茎や葉上、および周辺の地表で見られます。
 よく歩き回り、ほとんど飛びません。成虫と卵で越冬します。
 出現時期は4~11月、分布は日本各地。

*青藍色タイプの♂:Photo

 
青藍色タイプ、お腹の大きな♀:Photo_2

 
*黄銅色タイプの♂:Photo_5

 
黄銅色タイプ、お腹の大きな♀:Photo_6

|

« アオゴミムシの仲間?、セアカヒラタゴミムシ | トップページ | キンボシハネカクシ(2013/11) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アオゴミムシの仲間?、セアカヒラタゴミムシ | トップページ | キンボシハネカクシ(2013/11) »